メリット

OEMとは、発注した企業の名義やブランド名で販売される製品を製造すること、もしくは、そのような製品を製造する事業者のことを表します。 化粧品OEMは一般的に後者のことを意味します。 この化粧品OEMですが、どのように利用すればいいのかというと、最近ではインターネットを利用するのが一般的となっています。 最近の化粧品OEMは、インターネット上でホームページを開いているところが多々あり、インターネットを通じて依頼を受け付けています。 インターネット上では、どのくらいの量を、どのくらいの料金で依頼できるか掲載されており、品質検査や、管理体制など、依頼者が納得できるように様々な情報が開示されています。 もし化粧品OEMに興味があるのならば、一度インターネットで調べてみることをお勧めします。

化粧品OEMは、オリジナルブランドを新しく作りたい人たちに活用されています。 通常、化粧品を製造するに当たり最少ロットは100リットルとされています。 これは40mlの美容液に換算すると2500本分に相当します。 2500本という数字はなかなか大きく、確実に売れるならともかく、もし売れ残ったりした場合にはかなりの赤字になります。 OEMではこのような心配は少なく、業者によって異なりますが、わずか100個からの製造が可能であり、冒険する必要がありません。 また、化粧品OEMを利用すれば、製造所や設備に関する初期投資に伴うコストを抑えることができます。 このようにローリスクかつ低コストで新しい化粧品を作れるので、化粧品OEMは、新しくオリジナルブランドを作りたい人たちなどに利用され、活躍しています。