OEMとは

化粧品のOEMは顧客の望んでいる製品を生産することが出来る方法です。まず最初のメリットとして、製品を生産するときに必要な設備を用意しなくても生産をすることが出来る事です。本来は工場を用意しなければ化粧品を生産することは出来ませんでしたが、OEMという手法が確立してきたことで生産が可能になりました。 OEMは外部に生産を委託する方法です。自社で設備を用意する必要がないので、安いコストで化粧品を生産することが出来ます。そして出来上がってきた製品を自社製品として販売することが出来るのです。自社に専門的な知識を持っている人間が居なくても、外部の会社のスタッフを頼れば簡単に化粧品を生産することが出来るのがOEMなのです。

化粧品のOEMを行うためには、まずはどの会社に仕事を依頼するのかを決定しなければならないのです。一度にたくさんの注文をすることで、1個あたりの単価を下げることも可能です。しかし、沢山の商品ではなく小ロットの生産を望んでいる場合でも、それを実行することは可能です。 顧客の必要としている製品の条件は常に変化をしています。ですから、常にそれに対応をしていく必要があります。化粧品のOEMでは顧客の求めている条件に細かく対応をしていくことが可能です。そして、他者に製造を依頼する時にはしっかりと会議をする必要があります。何を作って欲しいのかが相手に伝わらないまま生産を開始すると、思い通りの製品が出来上がらない場合があるからです。

  • トレンド

      現在、「プチプラ」の商品が大流行しています。それは化粧品業界も同様で、格安価格を提供する企業もたくさん存在しています。その一つとして、「OEM」があげられるのです。

      Read more

  • 理由

      OEMとは、通常の化粧品製造よりも安く仕入れることができます。それが安く仕入れられるのにはある理由があげられますが、その理由について、ここでは詳しく紹介しています。

      Read more

  • メリット

      発注した企業の名義やブランド名で販売される製品を製造すること、またはその業者を「OEM」と呼びますが、それにはメリットがあげられます。そのメリットについて、紹介しています。

      Read more